ロゴ
HOME>レビュー>リフォームで住まいを快適に【安全性を考えた家仕上げ】

リフォームで住まいを快適に【安全性を考えた家仕上げ】

リフォーム

暮らしやすい環境を整えていくためにも、定期的にリフォームをするようにしましょう。しかし、リフォームと言っても様々なものがあります。今回は、リフォームをした人の口コミをまとめたので、皆がどのようなリフォームをしているのかチェックしましょう。

レビュー

高齢になると転倒事故が多いそうなので手すりを設置してもらいました

新築で購入した住宅も、年月が過ぎることで、あちらこちら傷むようになって来ました。それはまるで人の体も歳と共にガタが来るように、同様な傾向を見せていると言って良いでしょう。そんな頃、子供たちも大きくなり、外での生活をするようになり、古い家に残されたのは老夫婦だけになりました。その機会を利用して、住宅をより安全で快適な住まいにリフォームすることにしました。最近では、大阪市内でも異常気象と言われる高温な日々が続いたり、台風が反対方向から襲って来たりするようになり、住まいに工夫を凝らす必要が出て来ていたこともその理由です。また歳を取ることで足・腰が弱くなり、バリアフリー仕様とすると共に、必要な個所に手すりを付けることにしました。これら仕様を行ったことで、遠い将来にも安全な暮らしが出来るようになったと考えています。
【50代/女性】

床を滑りにくいものにしてもらいました

今大阪を含め日本中では、犬のペットブームが去り猫ブームが来ていると言われますが、最近当家では犬が新しい家族となりました。初めてのペットで暫くは様子見と言うこともあったのですが、初めてのペットはなかなか手強いものでした。人間の思う通りになってくれないことで、一時はペットとの間も険悪になってしまったものです。犬の習性として穴を掘ることが好きな上、走り出すことが好きで、フロアマットが真っ先にダメになってしまいました。更にはよだれ等でも、汚してしまうことに気が付きました。また、マットを外した所フロアコーティングをしてあったことから、爪でひっかき、傷が大きくついてしまいました。そんなことから対策として簡単なリフォームを行い、滑りにくい材質に加え、万が一の尿漏れとしてクッションフロアに交換しました。費用も安く済んだことから、傷んで来た時にはすぐ交換が出来るメリットも生まれました。
【40代/男性】